A SEATED CAT

Category [ゴジュウカラ科 ] 記事一覧

スポンサーサイト

苫小牧にて・・・・☆彡

昨年末に、行った苫小牧の写真!!!これが・・最後です・・(笑)スズメ目 ゴジュウカラ科 亜種シロハラゴジュウカラいつも野鳥撮影に使っているレンズは、最大300mm(実質換算450mm)なのですが・・この写真を撮ったレンズは最大200mm(実質換算300mm)なので・・それなりの大きさでしか、撮影できません・・・まぁ・・被写体を大きく撮るだけが写真では無いので、こういうのも良いかな??なんて思ってい...

シロハラゴジュウカラ  ☆

最近は・・・・と~~~んとご無沙汰な彼ら・・・・シロハラゴジュウカラ・・・・北海道で見る事が出来る、ゴジュウカラの亜種です。本州以南に生息する、ゴジュウカラと比べて、上面の色が淡く、脇や下尾筒の赤褐色の範囲が狭く、下面のほとんどが白いのが・・シロハラゴジュウカラです。頭を下に向けたまま、木の幹を歩いて降りられるのは、ゴジュウカラにだけ見られる特徴です。前に住んでいた家の庭には、秋口から・・次の年の...

亜種シロハラゴジュウカラ ☆彡

亜種シロハラゴジュウカラです。スズメ目ゴジュウカラ科 亜種シロハラゴジュウカラ(五十雀)・・大きさは14センチ・・こちらでは周年観察できます・・シロハラゴジュウカラは以前にも記事にしています。以前の記事はこちら学名は、Sitta europaea で 英名は Nuthatch(Eurasian Nuthatch)(ユーラシアの木の実を開ける鳥)頭を下に向けたまま、幹を歩いて降りられるのはこのゴジュウカラだけの行動です。この間、苫小牧では私...

亜種シロハラゴジュウカラ。

スズメ目ゴジュウカラ科の亜種シロハラゴジュウカラです。本州方面に生息するゴジュウカラは脇や下尾筒の赤褐色の部分が多いのに対してこのシロハラゴジュウカラは名前の通り白い部分がとても多いのです。(個体差はありますが・・・)頭を下にして木の幹を降りられるのはこのゴジュウカラの特徴です。我が家の庭にも秋から次の年の春まで良く顔を出してくれる常連さんです(*^_^*)昨日の記事のヒマワリの種を植えたのはこの子達か...

左サイドMenu

プロフィールとお知らせ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

sayugugu

Author:sayugugu
A SEATED CATで使用している画像及び記事の、著作権は放棄していませんので、無断使用、無断転載はお断りいたします。



当ブログは、リンクフリーです!ご自由にどうぞ・・・

フィールドマナーを守っています ●撮影の為の餌付けはしない ●深追いしない ●フラッシュはたかない ●気配を感じさせないようにする ●自然を壊さない ●周辺住民に迷惑をかけない ●少人数で行う ●営巣の妨げになる行為はしない ●生き物の気持ちを第一に考える バンディングに反対します。 野鳥の調査という大義名分でかすみ網を使ったバンダーによるバンディング行為に大疑問です。かすみ網での捕獲調査に反対します。

Categories

openclose

時計

グーバーウォーク

blogram投票ボタン

更新履歴



総記事数:

多機能カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

天気予報

アクセスランキング

当ブログにアクセスして下さっている方々のランキングです。 いつも、ありがとうございます<(_ _)>

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

ブログ翻訳

月別アーカイブ

08  07  09  08  07  06  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  07  06  05  04  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  09 

金運UPブログパーツ

金運アップのお守り
金運アップブログパーツ

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。